supple
Clatch Bag | Material ConneXion Tokyo

「染色ツキ板」という素材。
天然木材を薄くスライスし、一度漂白した後に、耐光性のある染色を施したそのマテリアルから、このプロジェクトは始まりました。
これまでも高級自動車の内装パネルなどに使用されてきましたが、染色ツキ板本来の手触りや素材感、木目によって生まれる光沢感、染色による鮮やかな色彩を、より活かし表現できる用途や工法を一から改めて考えました。
そして辿り着いたのが「バッグ」という用途です。
次にバッグの素材として成立させるための試行錯誤を繰り返し、ツキ板を天然皮革と接着した新たな「マテリアル」を作り出しました。
天然皮革と接着したことで、単体では割れやすかったツキ板は驚くほどしなやかになり、縫製まで可能になりました。
そうして生まれたのが「supple」です。
染色したバーズアイメープルを主材とし、その素材と品位を活かす形として、ショルダーにもなるクラッチバッグをデザインしました。
今までのどのバッグにもない表情と質感そして品位を持った佇まいは、素材の新たな可能性を感じさせてくれます。

This project started with the material: dyed veneer.
Thin slices of natural wood bleached and then coated with a light-resistant dye.
Although dyed veneer has long been used in applications such as the interior panels of luxury cars, we conceived of other applications and crafting methods from scratch that are better suited to maximize the features of the material, bringing out the texture and warmth unique to dyed veneer, as well as the silky wood grain and vividness of the dye colors.
This is how we came up with the idea of using the material to design a bag.
After a process of trial and error to improve the suitability of dyed veneer for use in a bag, we finally developed a brand new material: veneer bonded with natural leather.Bonding with natural leather made the normally brittle veneer amazingly pliable, even allowing it to be sewn.
This is how we developed our line of "Supple" bags.
We selected dyed birdseye maple veneer as the main material. And making use of its graceful form, we designed a range of clutch bags that can also be used as shoulder bags.
The distinct appearance, texture, and taste of these bags bring the new possibilities of material application to life.