corner
easy chair | prototype

電車の端席や、飛行機の窓側シート、アパートの角部屋、ソファの端。
常々、「角」というものには、どこか人を安心させてくれる作用があるように感じていました。
そこで、ゆったりとした大きさと特徴的な背もたれを持つ「CORNER」をデザインしました。
特徴的なL字型の背もたれは、包まれる安心感と、広々とした開放感を同時に感じさせてくれます。二方向に開けた座面は、どちらからもアプローチすることができるので、座る人の「癖」にも対応し、座り心地に違和感を感じることもありません。
また750mmx750mmという、椅子とソファの中間のようなサイズは、程よい寛ぎを与えてくれます。
内側は、座り心地の良い、ふっくらとした張りによって柔らかい印象を、外側は、あらゆる空間に馴染むよう、平面的でシャープな印象にすることで、一脚の中に心地よいコントラストが生まれました。
2脚並べたり、背中あわせにすることで、更なる広がりと共に、寛ぎの空間を作り出します。

 

The end seat on a train, the window seat of an airplane, the corner room of apartment block, the edge of a sofa.
In all these cases, there is something about being in the “corner” that makes people feel at ease
.
In light of this observation, “CORNER” was designed with generous dimensions and a distinctive backrest.
The signature L-shaped backrest simultaneously confers an enveloping sense of security and a wide-open feeling of spaciousness. The seat is open in two directions, so the chair can be approached from both of these. This enables it to accommodate the inclinations of any user without causing any sitting discomfort.
The dimensions of 750 × 750 mm, which lie somewhere between those of a chair and a sofa, permit ease and relaxation.
The inside of the chair gives the impression of comfort and softness, due to the tense, rotund form, while the outside evokes a flatness and sharpness that harmonizes with any kind of space. Thus, a single chair embodies a pleasant contrast.
Placing the chairs side by side, or back to back, produces an even greater sense of openness and relaxing space.